-

クルマの損害保険には自賠責保険と任意保険の2つのタイプが販売されています。

任意保険も自賠責保険も、もしもの事態など遭遇したときの補償を想定したものですが、条件はやや違っています。

ふたつの保険をよく見ると補償が可能な事象が同じではありません。

※相手には、自賠責保険・任意保険で補償が可能です。

※自分へは『任意保険』のみによって補償します。

※自分の所有する財産に関しては、[任意保険]を用いて補償します。

自賠責保険単独では自らへの傷害あるいは愛車に関する支援は享受できません。

次に相手方へのサポートですが自賠責保険であれば亡くなられたケースでは最高額で3,000万円後遺障害を与えてしまった場合最高額で四千万円などというように定められているのです。

しかし実際の賠償額が前述した金額を上回ってしまうことはよくあることに注意しましょう。

さらに続いて事故の相手のマイカーないしは建物を毀損したケースには、事故を起こした人の自己負担になるのです。

そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険という別の種類の保険が重要になるのです。

危害を受けた者に対する救済を重視する任意保険というものにも実は、それとは一線を画す役目が存在します。

※事故の相手方に対しては、死亡時あるいは傷害の他にも、マイカー・建築物などといったものの財産を賠償してくれます。

※自らに対しては同乗者も含め死亡時あるいはケガを賠償してもらえるのです。

※自己の所有する財産に関しては、車を賠償するのです。

このように色んな面について援助がしっかりしているのが任意保険が持つ最大のストロングポイントです。

保険料の支出はどうしても必要となってしまいますが、事故を起こした時の相手方のためにも自分を安心させるためにも、自動車に安心して乗りたいのであればぜひ任意保険に契約を結んでおいた方がよいでしょう。

Category

リンク