-

破産宣告がなされた場合に、どういう種類の不利益、デメリットがあるかは、破産申請を考えた方々にとって疑いなく開始時に欲しいデータだと考えます。75-7-62

次に破産認定者にもたらされる損に関連した箇条形式にしたいと思います。75-16-62

・破産者の一覧に記載されます。75-18-62

※公的な身分証明書を給付するための文書であるから一般の人は入手することができないし、免責の許可がもらえれば消滅します。75-9-62

・官報上に周知される。75-19-62

※市販されている新聞とは別物で書店には置いてありませんし大抵の方には関係のないことだろうと思います。75-6-62

・公法上におけるライセンスの制限。75-8-62

※自己破産認定者になったとすると弁護人、会計士、税理士などのような資格保持者は失格になるので実務が許されなくなります。75-5-62

・私法上での資格限定。75-14-62

※自己破産認定者は後見者、保証役、遺言実行者などになることが不許可になります。75-15-62

そして合名の会社、合資会社の労働者および株式の会社、有限形式の企業の取締担当者、監査役の人は退任根拠とされてしまいます。

・各種ローンやカードを利用することができません。

また、破産管財人がいる場合のときは下に記載する制限も与えられます。

・本人の財を保持、廃棄することが許可されません。

・破産管財担当者や債権人委員会の申請によって適切な対応をしなければなりません。

・地方裁判所の認定なしで自宅の移転や長めの旅をすることは認められません。

・地方裁判所が止むを得ないと認める際には当人が捕まえられるケースも考えられます。

・配達品は破産管財人に送られ、破産管財人は配達物を開けることが許されます。

他のデメリットに関連した、誤解がある要点を列挙形式にしてみます。

1戸籍および住民データには記入されません。

2勤務先は破産したことを要因として退職をせまることは許されません。

※原則として、自分が言葉にしないかぎり勤め先にばれる可能性はゼロに等しいです。

3選挙に出る権利などの人権は止められません。

4連帯保証者ではない場合は家族には返納義務はないです。

5生活に必須な家財道具(デスクトップPC、テレビをカウント)服などは差し押さえされません。

破産者の損失に関する項目をリストアップしてみました。

自己破産をするのなら負債はゼロになるといっても、以上のような不便性が避けられません。

自己破産を考慮する上で得も不便性研究した方がよい結果になるでしょう。

Category