-

週刊誌の折込チラシ、ゴシップ新聞、街中に貼られたチラシや郵便広告で、「多重債務の整理手伝います」「多重債務を統合したいと思ったら」という内容の広告を見ることがありませんか。水をたくさん飲む猫の病気

こういうのは、「整頓人」「買取屋」「紹介人」という通称の業者のおとり広告の場合があります。プロミスは在籍確認の電話なし!会社連絡不要のカードローン

こういったものを申し込んだ際には破産申請手順の中で最重要な免責許諾を受け取れない可能性が存在します。フィンジア成分は安全?副作用

「整頓人」では、宣伝などで多重負債者を呼び出し、相当な依頼料を請求して負債整頓をしますけれど、本当は債務整理は行われず、借金者はより借金地獄に陥ってしまう場合がほぼ全部と予想されます。ボニック

「買取人」の場合は依頼者のクレジットで、家電製品、旅行のチケットを限界まで仕入れさせその品を売値の20%から半分で買い上げるというやり口が知られています。

当人はそのときは金銭が懐に入りますがそのうちクレジット業者による購入品の定額の請求が届き、本当は債務を悪化させることになってしまいます。

この場合はクレジットカード会社への犯罪とされてしまい免責を手に入れられません。

「紹介屋」とは有名なサラ金から断られる債務人に、業者としては提供は一切せずに、貸出を可能である関係無い同業者を知らせて、法外なサービス料をもらう悪徳業者です。

つなぎ業者は自らの苦労で貸出できたかに説明しますが、本当は何もしないで、種は簡単で調査の甘い店を伝えているだけなのです。

この場合も結局は借金額を悪化させることになります。

Category

リンク