-

よくある初めての方向けのFX投資のテキストでは、「差損が生じた時はナンピンすることで全体の平均の買い付け価格を低くする事が出来る」と説明されていますが、現実的にはこれはリスクがあります。脱毛し放題は、銀座カラーの全身VIP

まず、ナンピン買いの手法に関して手短に説明しておきます。au iphone6s 予約

仮に100円で1ドルを買ったとします。葉酸サプリ いつまで

$買いなので円安に向うほど利益が出ますが逆に95円まで円高に向ってしまったとします。ケノン

そのままの場合ポジションを所有し続けたら損失が回復するまでにはドル安になった分ドル高に動く必要があります。ピューレパール

誰でも、マイナスは出来るだけ早く戻したいと考えます。

この状況を乗り切るためはじめに取引したのと同じ額のドルを1ドル=95円で買い増しする。

すると、平均の価格は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

つまり、2円50銭の幅で円安に推移すれば、損を回復できる。

これが、ナンピン買いの原理です。

ナンピン買いの理屈を耳にすると、「確かに」という考えになるが、簡単には問屋を卸してくれない。

初めから、95円が底だということなど、誰にも予想できません。

もし、外国為替市場がかなりの円高傾向だったら、1ドル95円では下げ止まることなく、さらに一層ドル安に進むリスクがあります。

1ドル97.50円でナンピン買いをして、95円まで円高ドル安になったら、ナンピンした分にも赤字が生じることになってしまうのである。

それでは、一番初めに買ったドルとあわせて、損失が生まれます。

この通り、ナンピンは難しいのだ。

ならば、相場が己の筋書きとは別の方向にみるみる行ってしまった場合いかなる手法で危険の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

取るべき選択肢は2つ。

まずひとつめは執着しないで損失を確定する事です。

別の方法としては、今現在、自分自身が所有しているポジションを少なくする事によって改めて為替が元のようになるのを動かないで待つことだけです。

かなり控えめな方法だと考える人もいると思います。

だが、買いポジションに損が生まれた時、一番リスクが低いやり方はこれ以上のものはありません。

当然、ロジックのうえでは、ナンピン買いという対策もあるように思える。

けれどもナンピン買いは自分自身が損をしているにもかかわらず、買いポジションを整理するどころか、買いポジションを積み重ねていく方法である。

この方法では、危険を制御することなど、とてもできないと思ったほうがいいです。

ナンピンをしていけばいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。

だがしかし、それ以前にお金がショートしてしまいます。

Category

リンク