-

第一に、一般人が破産を請求するまで借金のある人に対しての電話での返済要求と、負債のある個人の住んでいる家への訪問での取り立ては違法行為とはならないと考えられています。また、自己破産の作業に入ってから提出までに手数が費やされた場合では債権保持者は無作法な返済要求をしてくる可能性がアップします。債権者サイドとしては債権の返済もしないまま重ねて破産のような公的な手続きもされない状態であると会社の中での終了処理をすることが不可能になるからです。債権保有人の一部には有資格者につながっていないと知ったならけっこう無理矢理な取り立て行為をやってくる企業もいるようです。司法書士の方および弁護士法人にアドバイスを求めた場合は、個々の債権保有人は本人に対する直接要求を実行することが許されません。要請を受け取った司法書士法人や弁護士の担当者は事件を任されたと記した郵便を各取り立て企業に送り各債権者が確認したときから債務者は取り立て会社による激しい収金から放たれることになります。なお、取り立て業者が職場や故郷へ訪れる返済要求は法律のガイドルールで許されていません。貸金業の登録が確認できる会社であれば職場や父母宅へ訪問する徴集はルールに反するのを理解しているので違法であると伝達してしまえば、取り立てを継続することはないと考えます。自己破産に関する申し立て後は破産者に対しての徴集を含めて集金行為は禁止になります。よって取立人からの取り立て行動はまったくなしになるわけです。しかしながら中には違法と分かっていながらやってくる業者もいないとは思えません。貸金業であって登録している業者ならば、自己破産に関しての申し立ての後の徴集行為が貸金業法のガイドラインに反しているのを理解しているので、違法だと伝えてしまえば、そういう類の収金を継続することはないと考えます。とはいえども、法外金融と呼ばれている未登録の取立人についてとなるとこの限りにはならず、強引な徴集行為などが理由の被害事件が増加し続けているのが現実です。法外金融が債権者の中にいる際はどんなときであれ弁護士の人や司法書士事務所などの専門屋に依頼するようにするのがいいと思います。

Category

リンク